飼料添加物のはなし

飼料添加物の使い方と安全性確保

飼料添加物とは、(1)飼料の品質の低下の防止、(2)飼料の栄養成分その他の有効成分の補給、(3)飼料が含有している栄養成分の有効な利用の促進を目的として、飼料に添加、混合、湿潤、その他の方法によって用いられているもので、農林水産大臣が農業資材審議会の意見を聴いて指定されています。(続きを読む…

関連資料

飼料添加物の指定の手引き

農林水産省が示している「飼料添加物の指定の手引き:平成29年3月 第1.9版」(PDFファイルでご覧いただけます)⇒英語版はこちらから

日本で指定されている飼料添加物

現在、わが国では155種類の飼料添加物が指定されていますが、その時点での安全性などに関する新しい知見とその成分の特性などを考慮してその適否を農林水産省が判断することになっており、これまでにも、以下のように新規指定、規格の改正、指定の取消などが行われています。